前髪ウィッグの種類をご紹介!

「前髪だけのウィッグだからデザインだけでしょ?」
初めて前髪ウィッグを買う方にはそう思われるかもしれませんが、実は前髪ウィッグにもいくつか修理があったのです。意外ですよね!

 

ウィッグも日々進化していってるので豊富なデザインや種類が次々と登場しているのです。
現在ではファッション用から医療用まで幅広くウィッグが活躍されている時代になってきています。それにより、ウィッグ市場もどんどん需要が高まっているのです。

 

そんな前髪ウィッグの情報を徹底解剖しちゃいます!

 

 

前髪ウィッグには大きく分けると2種類に分けることが出来ます。

 

つむじありタイプ”と”つむじなしタイプ

 

つむじありタイプはその名の通り、前髪ウィッグの範囲がつむじまで広がったタイプのものです。それに対してつむじなしタイプは本当に前髪だけしかないウィッグになります。大きく分けるとこの2パターンになります。

 

が、

 

前髪ウィッグにはつむじありタイプとつむじなしタイプの中に更に

 

  • サイドありタイプ
  • サイドなしタイプ

 

があるのです。このサイドあり、なしタイプもその名の通りサイドの髪を付けるか付けないかの違いになっています。

 

文章ではよくわからないかと思いますので画像を添えて紹介していこうと思います。

 

 

つむじありタイプ

つむじありタイプ


特徴的なのが頭にすっぽりと被るフルウィッグ(オールウィッグ)にも似ているタイプの前髪ウィッグつむじありタイプです。

 

ただ、フルウィッグと違う点はウィッグの付け方にあるのです。
フルウィッグの場合、付属のネットを被り、ピンなどで髪を固定しないと上手く付けれないのに対し、前髪ウィッグつむじありタイプの場合は、そんな面倒な工程が無いのです。ウィッグの後ろにクリップが付いているので、髪に「パチッ」と留めて固定するだけで付けれちゃうのです。ものすごく簡単に付け外しが出来るので魅力的なのです。

 

魅力的と言えばもう一つ!
つむじ部分がある為、サイドの髪やバックの毛と馴染みやすく、仕上がりも自然にできるのが魅力的なのです。

 

 

 

 

つむじなしタイプ

 

つむじなしタイプの前髪ウィッグの場合には「サイドあり」と「サイドなし」の2パターンがあります。

 

  • サイドあり


 

 

 

  • サイドなし

つむじなしサイドなし


 

サイドありの場合は、サイドの遅れ毛がある分、小顔効果が期待できるのが魅力的です。また、多少地毛の色が違っていてもウィッグと地毛の境目部分にヘアバンドだったりシュシュを付ける事で違和感無く自然な仕上がりに工夫する事だって出来るのです。

 

サイドなしの場合は、前髪だけを変えたいって人にオススメなウィッグです。バックもサイドもボリュームがある分、前髪をシュッとして全体のボリューム感を減らしたい人や前髪がなかなか上手く作れない人、ぱっつんにしたいけど地毛ではちょっと怖いな・・・と言う人にはすごい助かるウィッグだと思います。

 

 

前髪ウィッグのデザイン

前髪ウィッグの種類もある程度わかったところで、次はどんなデザインがあるのか気になりますよね!

 

今回は独自で調べたオススメの前髪ウィッグスタイルをピックアップしてみたのでご紹介します。

 

 

つむじありバングスタイル

 

  • サイドロングスタイル

サイドロングスタイル


 

サイドをロングにした分、エラの部分も隠せれるので顔の面積よりも髪の面積の割合が大きくなるので小顔スタイルに変身出来ちゃいます!

 

 

 

 

  • サイドカールスタイル

サイドカールスタイル


 

サイドをカールしたウィッグをすることで第一印象がお姉さんっぽい雰囲気を演出できるウィッグデザインになっていますね。

 

 

 

 

  • レイヤードスタイル

レイヤードスタイル


 

レイヤーしているので髪の段差の幅が広くなっていきます。その為、桁場に段差が付く事で髪の厚みが減って毛先も軽くなるので前髪にボリュームがある人に人気があるデザインですね。

 

 

 

 

  • 前髪ロングスタイル

バングロングスタイル


 

前髪を長めに設定してあるウィッグなので七三分けみたいな感じで髪を横に流せば清楚なお姉さんっぽい雰囲気が出せれるウィッグデザインになっています。色をもっと明るくすればキレイめなお姉さんの印象も出す事ができますね。

 

 

 

 

  • 前髪ぱっつんスタイル

前髪ぱっつんスタイル


 

前髪ぱっつんにすることで目力アップが期待大です!特に眉毛を隠す事でより目力がアップしちゃう印象があります。つむじがあるタイプのウィッグなのでサイド、バックがある分、より仕上がりが自然な印象になることが予想されますね!ただ、蒸れが心配ですね・・・。

 

 

 

 

  • シャギースタイル

シャギースタイル


 

シャギーカットの程良いギザギザ感が前髪の印象を作ってくれます。ぱっつんスタイルにちょっと抵抗がある人にはシャギーカットスタイルはオススメかも。

 

 

 

 

つむじなしバングスタイル

 

  • 斜めバング

ななめバング


 

前髪をななめに流している定番のバングデザインになっています。ななめバングだとスタイリングやし易いメリットがあるので人気が高いのです。

 

 

 

 

  • ラウンドバング

ラウンドバング


 

ぱっつんスタイルよりも、もっと可愛く仕上げてみたい!と言う人にオススメなのがラウンドバングのデザイン!サイドのラウンドカールで顔に馴染みやすいしすごくオシャレ感があるウィッグデザインですね。

 

 

 

 

  • サイド有りシースルーバング

シースルーバング


 

ななめバングよりも毛束の量を抑え、おでこを薄っすら見えるようなバングデザインです。自分の毛束が少ない人や自然な仕上がりになりたい人にはオススメなウィッグデザインですね。

 

 

 

 

  • サイド有りバング

サイドありバング


 

サイドがある分、小顔効果が期待できるバングデザインです。つむじがないので蒸れの心配もなく、付け外しし易いので使い勝手が良いウィッグです。

 

 

 

 

  • フェミニンバング

フェミニンバング


 

可愛らしい人に似合うバングデザインになっています。前髪をナチュラルにする事でより自然な印象ができ、顔立ちがすっきりとする感じですね。

 

 

 

 

  • 前髪ぱっつんスタイル

ぱっつんスタイル


 

ぱっつんスタイルに変わりたい人、かつ簡単な付け外しをしたい人にオススメなウィッグデザインです。つむじがない分、付け外しが簡単で使い勝手が非常に良いのです。

 

 

 

 

  • 横流しロングスタイル

横流しロング


 

髪をまとめて前髪を強調したい人にオススメなデザインです。顔がスッキリするので見た目の印象が鍵になりますね。洋服やヘアカラーのバランス次第でお姉さん系にも可愛い系にも変身できちゃうようなウィッグデザインですね。

 

 

 

 

まとめ

前髪ウィッグの種類はいくつか種類がありました。
つむじがあるタイプとつむじがないタイプ。その中でもサイドがあるタイプとないタイプ。その中で色々なウィッグデザインがるので、自分のファッションによって色々と変えていけるのが魅力的ですね。

 

夏場頭が蒸れるのはちょっと嫌だなって思うのであればつむじがないタイプのウィッグを選べば良いと思います。髪の量を増やしたいのであればつむじありのウィッグを付けて悩み解消!など、その人の悩みに沿って利用できるのが前髪ウィッグのメリットなのです。

 

ウィッグを付けるのであればやっぱり今よりも、「もっと可愛くなりたい!」、「もっとキレイになりたい!」そう思うはずです。そんな時は当サイトオススメの前髪ウィッグ通販サイトを是非参考にしてみて下さい。きっと自分に似合う前髪ウィッグが見つかると思いますよ!

 

 

 

 

人気がある前髪ウィッグ通販ランキング