分け目の悩みは人それぞれ違う

分け目の悩み 

 

メイクやファッションは決まったのに、ヘアスタイルがどうしても気になってしまう。特に、分け目を作るとどうしても目立ってしまう方って多いと思います。しかも、分け目の悩みは人それぞれ違います。

 

  • 前髪の分け目が目立つ
  • ポニーテールになった時の分け目が目立つ
  • つむじ周辺の分け目が目立つ
  • 茶髪よりも黒髪の分け目が目立つ

 

など、色々とあります。髪の悩みは女性にとっても、男性にとってもコンプレックスを持ってしまう原因になりかねませんから、すぐにでも対策をしたいと思うはずです。

 

でも、その前に分け目を目立つ原因を探ることから始めましょう!そうしないと、いつまで経っても分け目が改善されずに目立ってしまいますから。

 

 

分け目が目立ってしまう6つの原因とは

前髪やポニーテール、つむじ周辺など、分け目が目立ってしまう原因には6つの共通点があります。これから、その分け目が目立ってしまう共通点をご紹介したいと思います。

 

まずは根本原因を探って、なぜ自分の分け目が目立ってしまうのかを知っておきましょう!

 

 

毎回、分け目を同じ(固定)している

分け目固定 

 

髪の分け目を毎回同じにしていると、髪に相当な負荷がかかってしまい、毛根が疲れて弱ってしまうことがあります。

 

数日と短い期間であれば問題ないのですが、数ヶ月や数年と長い期間にわたって分け目を固定してしまうと危険信号です。

 

例えば、数ヶ月、数年と同じ分け目のヘアスタイルで過ごしている方は髪にクセができていませんか?その髪のクセって簡単に取ることは難しいと思います。ヘアスタイルを変えてクセと逆方向に髪を流したとしても、いつのまにか元に戻ってしまった経験はあるかと思います。

 

それに、無理やり分け目を変えてしまうと、毛根に負荷がかかってしまいますし、髪が抜けてしまうこともあるので注意が必要です。

 

 

ヘアゴムでいつも引っ張っている

ヘアゴムで結ぶ 

 

ヘアスタイルは素のままが一番理想的なのですが、学校やバイト、仕事上などでヘアゴムを付けなければならない時ってあるかと思います。それに、ポニーテールやツインテールなどにもヘアゴムを使用するかと思います。

 

しかも、大抵ヘアゴムを結ぶ位置って毎回同じだと思います。これも髪にはよろしくありません!

 

髪が常に引っ張られることで、頭皮や毛根に強い牽引力が加わってしまいます。すると、頭皮や毛根には常にダメージを受けていることになり、髪が抜けてしまったり、千切れたりしてしまう「牽引性脱毛症」を引き起こしてしまい恐れがあります。牽引性脱毛症になってしまうと、分け目がより目立つ原因をつくってしまいます。

 

 

運動不足や肩こり、冷え性になっている

冷え性 

 

特に女性に多いとされている運動不足や肩こり、冷え性は血行不良を引き起こしてしまう原因となっています。血行不良になることにより、髪を育てる栄養分も頭皮に運ばれにくくなるので、頭皮環境が悪くなってしまいます。

 

すると、毛母細胞の働きが低下し、抜け毛や薄毛の原因を引き起こしてしまい、結果的に分け目部分がより目立ってしまうことがあります。

 

 

スタイリング剤やスプレー類を毎日使っている

スタイリング剤やスプレー 

 

ワックスやスプレーなどは薄毛の原因になると思っている方も多いのではないでしょうか。しかし、頭皮にワックスやスプレーなどが付かない限り、薄毛の影響はあまりないと言われています。

 

頭皮にワックスやスプレーがついてしまうと、どうしても油分が多く含まれているので、毛穴を詰まらせてしまう原因をつくってしまいます。すると、栄養を十分に送り込めなくなり、髪が徐々に弱ってしまいます。

 

また、毎日のシャンプー時にもしっかりと毛穴に詰まった油分を取り除かないと頭皮環境が悪くなってしまいます。その結果、髪が薄くなり分け目が目立ってしまいます。

 

 

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れ 

 

ホルモンバランスの乱れでも分け目が目立つ原因をつくってしまいます。女性ホルモンは髪にハリやコシを与えてツヤのある髪になるような働きを持っていますが、その女性ホルモンもストレスやダイエット、睡眠不足、出産などの影響によってホルモンのバランスが乱れてしまいます。

 

また、女性ホルモンのバランスが乱れることにより、若い女性でもびまん性脱毛症を引き起こしてしまうこともあります。

 

 

紫外線によるダメージ

紫外線 

 

一番紫外線を受けてしまう部分が頭頂部です。手や足などは絶えず動いているので紫外線によるダメージも少ないですし、UVケアもして対策はしているかと思います。

 

でも、頭頂部は髪があるので頭皮にUVクリームなどは塗れません。しかも、帽子を被らずにいるとダイレクトで紫外線のダメージを受けてしまいます。

 

髪が紫外線を受けてしまうと、毛母細胞が損傷してしまい、機能が低下してしまうことがあります。すると頭皮トラブルになってしまい、薄毛や抜け毛の原因に繋がってしまい、髪を分けた時に目立ってしまいます。

 

 

目立ってしまう分け目を対策する方法!

これまでの説明で、分け目が目立ってしまう原因がわかったと思います。結局のところ、分け目を改善するには長い月日が必要になると言うことです。

 

でも、目立ってしまう分け目をすぐに対策したい方も多いことでしょう。

 

そこで、ここからは短期間で分け目を対策する方法をご紹介したいと思います。

 

 

育毛剤を使用する

育毛剤 

 

短期間で分け目を目立たなくするには育毛剤を使用する方法があります。

 

分け目が目立ってしまう原因は薄毛や抜け毛がほとんどなので、育毛剤を使用することで髪量を増やし、髪を太くして分け目を対策していくやり方があります。

 

ただ、育毛剤を使用しても効果が現れる人と効果が現れない人が出てきます。これは、育毛剤が自分の体質に合っていないことなどがあると思います。

 

また、育毛剤自体、高価なものなので、購入を考えている方はしっかりとメリット、デメリットを知ってから購入することをおすすめします。

 

 

ウィッグを使用する

前髪ウィッグ 

 

育毛剤の他に、短期間で分け目を対策したいなら「ウィッグ」がおすすめです。

 

ウィッグ自体は薄毛や抜け毛の改善にはならないのですが、すぐに分け目を隠すことのできる「対策アイテム」です。

 

ウィッグにも色々と種類があり、フルウィッグやポイントウィッグなどがあります。

 

ここでは、部分的な分け目を隠したいので、フルウィッグよりもポイントウィッグがベストです。

 

気になる前髪、つむじ周辺などは「前髪ウィッグ」がおすすめです!

 

前髪ウィッグだけでもサイドからつむじ部分まで隠すことができるので、とても万能です。フルウィッグではないので、蒸れることも少ないのもポイント高いです。

 

当サイトでは、人気のウィッグ専門店もご紹介しているので、そちらも是非参考にしてみて下さい。

 

 

 

おすすめの前髪ウィッグ通販ランキングはこちら!