医療用とファッション用で価格に差が出ているから

 

 

なんでミセス用のウィッグは価格の差が激しいのかしら?


 

 

それは、お使いいただくウィッグが「医療用」か「ファッション用」かで価格の差は変わっていきます。


 

価格の差が変わる大きな要因は主に「ウィッグの質」が違っているからです。医療用ウィッグの場合は、人毛を使ったウィッグや人毛と人工毛(ファイバー製)を混ぜ合わせたウィッグを使用しています。

 

ファッション用ウィッグは人工毛(ファイバー製)を使ったウィッグがほとんどなので、価格は人毛タイプよりも、かなり格安になっています。

 

ここで、医療用ウィッグとファッション用ウィッグはどのように違ってくるのか詳しく見ていきましょう!

 

 

 

医療用ウィッグ

医療用ウィッグ 

医療用ウィッグの場合は、抗がん剤治療による脱毛などでの悩みが多いため、色々な配慮がなされています。

 

 

色々な配慮って?


 

 

毛量の変化や頭皮への刺激軽減、清潔面などよ!


 

抗がん剤治療などでは、脱毛する髪の量は人によって変わってくるので、一人ひとりの髪の状態に合わせて対応していかなくてはいけません。

 

それに、頭皮は非常にデリケートな状態にもなってくるので、直接頭皮に触れるウィッグはできるだけ刺激の少ない素材を使用することが大事になってきます。もちろん、毎日使うものになるので、菌の繁殖を抑える加工や通気性の良い加工などを配慮しています。

 

 

 

ファッション用ウィッグ

ファッション用ウィッグ 

 

素材は主に人工で作られた人工毛を使ってウィッグを作っています。先ほどもちらっと言いましたが、「ファイバー製」と言って化学繊維を使ったウィッグ素材になるので、価格は人毛タイプよりもかなり安く抑えることができます。

 

質も人毛タイプよりは劣ってしまい、メーカーによっては自然に見えにくいものもあります。ただ、最近のウィッグは自然に見えるファイバー製ウィッグも出てきているので、コストをなるべく抑えたいのであれば、人工毛(ファイバー製)のウィッグを選ぶと良いでしょう。

 

 

頭皮環境や清潔面で悩んでいるのであれば、最も地毛に近く見せれる「人工毛タイプ」を選んでおくのが利点は多いです。

 

 

 

医療用、ファッション用以外にも、まだまだ価格の差が出ている要因があるので、更に詳しく見てきましょう!


 

 

 

 

ウィッグの生え際の技術が違うから

ウィッグの質に人毛タイプと人工毛タイプがあると言いましたが、更にウィッグメーカーによってウィッグの生え際の技術にも価格の差が異なってきます。

 

 

総手植え

一つは「総手植え」と言って、人が一本一本丁寧にウィッグの毛を手植えするやり方

 

 

 

機械作業

機械がすべてウィッグを作るやり方

 

 

どちらの方が、価格が高いかなんて言うまでもありませんが、当然「総手植え」の方が価格は高くなってきます。人が直視して丁寧に作業していることもあり、より自然に見えるようになっています。

 

人工毛のウィッグでも、総手植え技術だと人毛にも負けないくらいの自然さがあります。しかし、総手植え技術は格安な人工毛ウィッグでも価格は高めの設定になっています。

 

 

更には、総手植え技術以外にもある特殊な技術もあるウィッグメーカーもあります。

 

 

ある特殊な技術?


 

 

次に詳しく説明していくわね!


 

 

 

 

人工皮膚を付けてくれる

人工皮膚 

 

 

ウィッグに人工皮膚?


 

 

 

そうよ!不自然になりやすいつむじ部分に、実際の頭皮のように見える「人工皮膚」を付けるのよ!


 

人工皮膚を付けることにより、自然な印象になるようにする技術です。人毛タイプのウィッグも人工毛タイプのウィッグどちらも、人工皮膚を付けることによってつむじ部分があたかも自分の頭皮のように見せることができちゃいます。

 

 

電車や職場、友人との集まりなどでも、上からの視線も気にならなくなることができるようになるので、ウィッグを付けているとバレたくない方にはおすすめです。

 

 

 

 

 

オーダーメイドによって価格が違う

オーダーメイド 

 

ウィッグを購入する際は、店頭へ直接行くかネット通販を利用して購入する方法がありますが、その中で自分の頭のサイズに合ったウィッグを作ってくれる「オーダーメイド」が利用する店舗によってあります。

 

 

オーダーメイドのほとんどが医療用ウィッグになります。

 

カウンセリングをして、一人ひとりのオリジナルのウィッグを作ってくれます。主に、その人に合うようにウィッグをカットしたりサイズを調節したり、ウィッグのズレなどを防止するように段取りしてくれます。

 

自分だけのオリジナルと言うこともあり、やはり価格は高くなってしまいますが、医療用がほとんどなので、着け心地や使いやすさはバッチリです!

 

 

 

 

 

ウィッグの種類によって価格が違ってくる

ウィッグ種類 

 

ウィッグには人毛や人工毛、オーダーメイドの中にも種類があり、頭すべてを覆う「フルウィッグ」や、つむじ部分のボリューム感をアップさせる「カバーピース」、そして分け目部分や前髪部分だけに使う「部分ウィッグ」などがあります。

 

もちろん、フルウィッグと部分ウィッグを比較すると、頭を覆う面積が広いフルウィッグの方が使う素材が多いこともあり、部分ウィッグよりも価格は高くなってきます。

 

フルウィッグが良いのかカバーピースがいいのか、はたまた部分ウィッグが良いのかわからない場合は、今一番悩んでいる箇所に当てはまるウィッグを使うのがベストです。

 

例えば、

 

生え際が目立つ場合

カバーピースや部分ウィッグなどで毛量をアップさせる。

 

 

 

頭の後ろ部分だけボリュームアップしたい場合

フルウィッグや後ろ部分だけを隠せれる「ハーフウィッグ」を利用する。

 

 

 

つむじから前髪の生え際を隠したい場合

つむじありタイプの前髪ウィッグやフルウィッグなどで生え際を隠す。

 

 

このように、今一番悩んでいる箇所を中心にウィッグ選びを考えると、おのずとどのタイプのウィッグがいいのか見えてくるかと思います。

 

 

 

 

ウィッグメーカーのサポート体制がついているかどうか

サポート 

 

ウィッグを購入してからのアフターサポートが受けれるか受けれないかによっても価格帯が変わってきます。

 

 

 

アフターサポートってどんなことをやるの?


 

 

大手ウィッグメーカーでは、アフターサポートとしてどんなシャンプーを使えばよいのか、ウィッグのメンテナンスはどうすれば最適なのか、美容室はどこへ行けばいいのかおすすめなのか、育毛の説明など幅広くサポートしてくれる特典がついているわよ!


 

 

なるほどね!


 

ウィッグを使って悩んでいる箇所を隠すだけではなく、地毛の回復までをサポートしてくれるサービスをしてくれると言うこともあり、その分の費用までウィッグに上乗せされているのではないかと私は思います。

 

 

 

 

ミセス用ウィッグは医療用、ファッション用どちらがおすすめ?

 

 

私はつむじ周辺の生え際を隠したいから医療用を使えばいいのかしら?それともファッション用を使えばいいのかしら?


 

 

金銭的な余裕があり、頭皮環境をなるべく悪化させないようにするなら医療用ウィッグを使う方がおすすめよ!でも、金銭的に余裕がないのであれば、ファッション用ウィッグでも十分だと思うわ!


 

 

不自然にならないかしら?


 

 

激安のウィッグはちょっと不自然になってしまうことがあるので、人工毛ウィッグでも1,000円や2,000円程度で買えるウィッグは控えておいた方が良いかもしれませんね!


 

 

薬などの影響で脱毛して恥ずかしい思いをしているのであれば、医療用ウィッグでしっかりと対策するのがおすすめ!

 

 

毎日使わないのであれば、ファッション用ウィッグで髪の悩みを対策するのもありです!数時間程度であれば、ファッション用ウィッグの方がコスパも良いのでおすすめです!

 

 

もちろん、頭皮環境も改善させるためにも、食事や頭皮マッサージなどはかかさずやることをおすすめします!

 

 

最後に、当サイトでおすすめのウィッグ通販もご紹介しているので参考までにどうぞ!

 

 

 

バレにくいおすすめのウィッグ通販サイトはこちらから!