一般的な前髪ウィッグとカチューシャタイプの違い

一般的な前髪ウィッグ

前髪ウィッグ

 

一般的な前髪ウィッグはウィッグの後ろがクリップが2個付いていて「前髪だけのウィッグ」、「つむじがある前髪ウィッグ」、「サイドがある前髪ウィッグ」などがあります。

 

カチューシャタイプの前髪ウィッグ

 

一方でカチューシャタイプの前髪ウィッグはメーカーにもよりますが、2種類の留め方があります。

 

クリップで髪を留める

カチューシャタイプの前髪ウィッグ

 

一般的な前髪ウィッグと同じでウィッグの後ろにはクリップが付いていて、地毛にクリップを留める付け方。

 

カチューシャとウィッグにはマジックテープが付いている仕様のものが多いです。(付け外し可能)

 

 

 

カチューシャで髪を留める

カチューシャ前髪ウィッグ

 

ウィッグの後ろにはクリップが付いていません。留め方がカチューシャと変わらないやり方で簡易着脱可能です。ウィッグとカチューシャが一体型になっているものが多いです。

 

カチューシャの種類も”リボンタイプ”、”ジュエルタイプ”、”スタッズタイプ”などがあります。

 

 

 

カチューシャがある事で境目問題を解消!

境目問題解消!

前髪ウィッグを着ける事で一つの悩みが出てきます。
それは、

 

「地毛とウィッグの境目に違和感がある!」

 

この地毛とウィッグの境目で悩んでいる人は少なくないと思います。
完璧に地毛とウィッグカラーが同じなら大丈夫かとは思いますが、やっぱり人のヘアカラーって十人十色です。美容室へ行ってカラーリングしてもらうにも、市販のヘアカラーリング液でもわかりますが、例えばブラウンカラーでもその種類は結構ありますよね。

 

でも、ウィッグのカラーバリエーションも昔に比べると多くなった方ですが、それでも自分の髪色に合わない場合もあるのです。地毛のカラーに近づくことは出来ます。

 

それで、前髪ウィッグを装着していざ鏡でじっくり見てみると

 

何だか境目に違和感がある!?

 

そうなてしまうのです。
そんな地毛と前髪ウィッグの境目の問題を解消させるのに最適なウィッグが”前髪ウィッグカチューシャタイプ」なのです。

 

カチューシャがあれば境目の心配は無くなります。それに、ヘアアレンジの一つアクセントとしてカチューシャがある事で、更に可愛く変身出来ちゃう!?なんてこともあります。

 

ただ、カチューシャがある事でウィッグの毛が絡まってくる事もあります。そんな時は専用のシリコンスプレーやオイルミストなどをかけてブラッシングすればキレイにまとまります。

 

 

 

カチューシャがない前髪ウィッグでも大丈夫!

大丈夫!

ネット通販で前髪ウィッグのカチューシャタイプを探してみたけど全然無かった。あるいは、あまり良いのが無かった。そんな事もあるかと思います。

 

それだったら、別でカチューシャだけを揃えて前髪ウィッグと一緒に着ければイイと思います。カチューシャだけ別で揃えると一体化しているカチューシャ付き前髪ウィッグよりもカチューシャの種類がいっぱいあります。可愛いカチューシャも用意できるのでヘアアレンジには最適です。
好みのカチューシャを使って自分だけのヘアアレンジを作ってみてください!

 

 

ただ、前髪ウィッグとカチューシャが一体化していない分、強風や激しい行動があるとすぐにズレてしまう事がありますので、境目がバレてしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

また、逆の発想も出来るのでご紹介します。
カチューシャが無くて地毛との境目に違和感が出てしまった場合、

 

地毛をウィッグの色に染める!

 

このような逆の発想でも良いかと思います。
地毛をカラーリングして、それに合うウィッグを選ぶのではなく、お好みの前髪ウィッグを購入してそのウィッグカラーと同じカラーリングを美容院などでやってもらう事も出来ます。

 

 

 

学校や会社などでカチューシャやターバン禁止の場合はどうするの?

どうするの?

例えば、高校生などで学校の校則が厳しくてターバンは出来ないでしょうが、カチューシャも禁止な学校って少なくないと思います。
でも、可愛くなりたい、キレイになりたい、前髪のコンプレックスを解消させたい為には

 

前髪ウィッグは必要

 

そんな人もいます。
そんな時には自分の地毛を使うやり方だってあるのです。
前髪ウィッグのカラーが地毛と合っていればさほど問題はないのですが、あまり気になるのであればサイドの地毛から細かく三つ編みなどをしてカチューシャ代わりの様に境目に沿わせてみても良いと思います。

 

 

 

 

当サイトオススメの前髪ウィッグ通販はコチラ!